So-net無料ブログ作成
恐怖体験 ブログトップ

黒い影 と 白い女 【後編】 [恐怖体験]

前回の続き。

ただ、これは僕の体験ではありません。
僕の友人の兄の実体験です。事故の記録も警察署に残っている事実です。



ではでは


あの恐怖体験から1ヶ月くらいたった頃。
僕の友人がバイクの事故で入院しました。別に幽霊の仕業でもないただの自損事故でした。

友人のお見舞いに行った病院は市内でも結構大きな病院で、規律も厳しく午後8時以降は面会のできない規律でした。
そんな中、2人部屋の友人の部屋で午後8時以降に内緒で病院に忍び込み友人の病室へと向かいました。2人部屋なのですが、現在もうひとつのベッドは空いていました。友人には兄と姉が1人ずついて、その内の兄が僕の兄とも同級生でしたので、その繋がりもあり親しい間柄でした。どうでもいい話を病室でこそこそと話ていました。午後10時になり就寝時間に看護師さんが巡回して来ましたが、ベッドの下に隠れてその場を凌ぎました。骨折以外に体調に危険な症状がない友人の部屋には朝まで来ないそうなのです。



僕らが他愛のない話をしていた時です、僕の耳に何かが聞こえて来たのです。

“・・・誰か・・・”

最初は何なのか判りませんでしたが、その声が微かに何度も僕の耳に届くのです。
『お前、何か聞こえるか?』と僕は友人に訊ねましたが、友人には何も聞こえないようです。
気のせいなのかなぁと思いましたが、その後すぐにまた聞こえて来たのです。

その時、目の前に信じられないものを目にしました。
ベッドを挟んで向こう側にあるもうひとつのベッドの上に寝そべるように薄っすらと人影が見えたのです。
ドギッっとした僕は思わず凝視しました。先ほどから聞こえていた声の主はこの人影だったのでしょう。と思った瞬間その影が首を傾げるようにこちらに振り返りました。
『 ひぃ!!! 』
包帯でグルグル巻きになった顔を見て僕は思わず小さな悲鳴を上げてしまったのです。
どうした?と友人が聞くのですが、答えられません。
怖くて声が出ないからではないのです。金縛りにあったからでもないのです。
だって、そこで横になっている人影の顔が友人の兄貴の顔と瓜二つだなんて言えないでしょう。

僕は友人に兄貴は元気かと訊ねました。
「兄貴なら、お前が来る前までここにいたぜ」
『いた?』
「そう、ほら」と言って、卑猥な本を枕の下から出して来ました。「必要だろって言われても困るよな、兄貴にこんなのをもらっても・・・」
『で、その後は?』
「帰ったんじゃねぇか、どうして」
『どうしてって・・・・、ただ気になって』
「変だなぁ、お前」
『そうか・・・』

しかしその影は一向に姿を消そうとはしません。
・・・・
『お前の兄貴の携帯番号判るか?』
「わかるけど・・・」と言って、友人は黒い重そうな携帯を取り出しました。薄い緑の液晶にデジタルの文字が浮き上がりました。
「いいか」と言いながら友人が教えてくれた番号を鳴らして見たのですが、呼び出し音ばかりで繋がりません。
「どうした?」
僕は今の状況を話すことにしました。
『お前の兄貴が隣のベッドに寝てんだ、包帯グルグル巻きで。そして誰かを呼んでるんだ。でもその意味も判らないし。お前の兄貴に何か起こってんじゃないのか?』
冗談はよせと最初は言った友人も僕のこの力は知っていたので、家に電話してみることにしたのです。しかし友人の兄貴は家にはまだ帰っていませんでした。

何か胸騒ぎがすると思っていた時でした。先ほどまでいた友人の兄の影がふっと消えたのです。
『消えた・・・・』と僕は言葉を漏らしました。
「・・・そうか・・・・、ってそんな悠長なこと言ってる場合じゃないんじゃないのか」
友人の兄の事は気になって仕方がないけど、僕にはどうする事も出来ないのが現状でした。

それから10分くらい経ったでしょうか。
窓の外から救急車の音が微かに聞こえて来ました。その時、僕は一抹の不安を覚えました。その救急車のサイレンは徐々に大きくなり、友人の入院している病院の夜間救急出入り口付近で音が鳴り止んだのです。

・・・・これだ!

僕は確信を持ちました。
病室を飛び出して夜間通用口を通り救急車へと急ぎました。
救急車から担架ごと降ろされて運ばれて来た人は、やはり友人の兄貴でした。
全身が血まみれで上半身は裸、下半身もジーパンがズタズタに切り刻まれていました。

救急隊員が僕に話しかけて来ました。
「退いて下さい」
『僕の知り合いなんです、この人。』
「ご家族の方ですか?」
『違います、この人の弟がここに入院しています』と僕は言って、病室を教えました。
松葉杖を付いて友人も駆けつけました。

「兄貴~!!!!」
動揺を隠し切れない友人に救急隊員は言いました。
「ご家族の方に連絡してください、危険な状況です」
しかし、動揺している友人には無理な事。僕がすぐに携帯電話で友人の家に電話しました。その15分後くらいで友人の両親がやって来ました。病院の入り口で待機していた僕に「ケンジ君、ありがとうね」と声をかけて手術室の前まで一緒に向かいました。

数時間の手術が終わり、主治医が両親に「一命は取り留めましたのでもう大丈夫でしょう。ただかなり危険な状況には変わりませんので当分の間は入院生活になりますので、入院のお手続きを・・・では、失礼します」と言いながら、去って行きました。その後、包帯でグルグル巻きになった友人の兄貴が手術室から出て来ました。

「大丈夫ですよ、まだ麻酔が効いているだけですので・・・」と、看護師さんが家族が話しかける前に静止しました。
「2~3日は集中治療室になりますが、落ち着きましたら弟さんと同じ病室になりますので・・・、では」と言って、集中治療室に入って行きました。友人の母親は糸の切れた操り人形のように通路に崩れ落ちました。
お父さんが抱えて椅子に座らせました。

その時です。遠くから2人の男性が近付いて来ました。警察の方でした。
友人の兄は交通事故に遭ったそうでその時の状況等の説明に伺ったようです。
僕らは病室に戻りました。その後、両親が病室に訪れ事故の状況を説明してくれました。乗っていた車は大破になってしまい、衝突した衝撃でガードレールもカーブミラーも大破しているそうです。ブレーキの痕跡もなく激しい事故だったらしい。
それでも、友人の兄貴が死ななかった事にホッと方を撫で下ろした時、友人の父親が話しました。その話を聞いて僕の身体が硬直してしまいました。

「タケ、うどん屋の前のカーブで事故にあったみたいだったんだ。詳しくはタケに聞かないと判らないけど不思議な事を言っていたらしいんだ。俺達もここに来る時、国道を通ろうと思ったんだが、異様に渋滞していたから裏道で来たんだよ。まさかタケの事故が原因だったなんてな・・・」
どんな事を言っていたのか友人が聞いたが、お父さんは母親を残して「後のことは本人が回復して聞きなさい」とだけ言って病院を後にしました。
お母さんは緊急治療室の前の待合室で駆けつけた親戚と一緒に座り込んでるようです。

その出来事が起きて1週間くらい経った頃に僕は病院を訪ねました。
タケちゃんの意識が戻ったらしいので、聞きたいこともありお見舞いを兼ねて伺いました。

病室では清潔にされた身体で横たわるタケちゃんと友人が出迎えてくれました。
『オバちゃんは?』
「一昨日から仕事。さすがにそんなに休めないってさ」
そしてタケちゃんも傷だらけの顔でこっちを向きました。
「ぉぉ、ケンジ。色々ぁりがとぅな・・・」と弱々しい声でタケちゃんが話し掛けて来ました。
『いやぁ、俺は何にも・・・・』
そして、タケちゃんが事故の一部始終を話し始めたのです。



「ここを後にして、知り合いの家にCDを借りに行って帰ってたんだ。海岸線を通り過ぎてラブホ街を抜けた辺りで車の後部座席に何かを感じたからバックミラーで見たんだけど、別に何もなくて・・・・」
「また正面に目を戻したんだ、するとあそこのカーブミラーの所にさぁ・・・・、白い服を着た女性が立っていたんだ。そして俺を手招きするんだ。こっちに来いって感じで」

正しく、僕が先月あの体験をした場所ではないか!!

「手招きをされても、どう考えてみても変だろ、あんな時間に・・・・。でも道路を走るとどうしてもあのミラーの方へ進むしかないだろ?」
「そうだね」
俺も頷いた。

「近付くと、その女が女なのか判らなくなってしまって・・・・」
「兄貴、どういう意味なんだよ」
「だって、顔がなかったんだ・・・、その女。のっぺらぼうだったんだ」
僕は体中を小さな針で刺されたような刺激を感じた。ブルルルルルルと体中に鳥肌が立ち生唾を呑んだ。
タケちゃんの話は続いた。
「でも、俺の見間違いかもしれないと思う節もあるんだ」
「どうして?」
「だって、目があった気がするんだ。いや確かに遭ったんだ、あの時。なぁ、変だろ。やばいと思った俺はハンドルを握って切ろうと思った時に異変を感じたんだ。・・・ハンドルが全く動かないんだ。どんなに力を入れてもビクともしないんだ、ハンドルが。その時、目の前にいた女がガードレールの前に飛び出てきて・・・、そのまま跳ねてしまったんだ」

だから、ブレーキを踏む暇もハンドルを切った形跡もなかったのか・・・・。

「警察には居眠りだろ!と言われたけど、そんな訳ないだろと反論した。でも物的証拠がない以上・・・な・・・」
「で、で、女は」
「女はボンネットに激突して、思い切り跳ね飛ばした・・・と思う。その感覚はしっかりと残っているんだ」
「でも、警察はそのような痕跡は無いって・・・・」
「おかしいだろ!当事者の俺が言っているんだぞ!だから俺、事故った後携帯を探せなくて、歩いて公園の公衆電話まで行って電話したんだ。だって、事故って何分経っても一台も車が来ないんだから。で、電話した時に女を跳ねたって言ったんだ。」
『だから・・・』
「ケンジ、だから?何」
『いやぁ、何でも・・・』
「まぁいい。でも結局、その女は何処にも居ないし死んでもいなかった・・・。俺の独り相撲で片が付いたみたいだ。ただ、公衆電話を探すときに聞こえたんだ。“そっちじゃないよ”って」

僕は硬直した。
心臓がカチンカチンになった。
僕の時の最後の台詞と同じではないか!思わず動揺してしまいましたが、2人に悟られる事はなくホッとしました。




それから1週間で友人、1ヶ月ほどでタケちゃんは退院しました。
良かった良かった。それを最後にタケちゃんも僕もあの場所で恐怖体験をする事はなくなりました。

しかし、他の人が体験したそうです。


その事故現場近くにあるうどん屋さんに、頻繁に白い服を来た女性が来ていたそうなんです。
注文をするそうなのですが、女将さんが厨房に戻り振り返ると・・・誰もいません。それが数日続いて、そのお店は謎の一時閉店しました。
それから半年くらいしてお店は再開しました。

噂によるとお店全体をお祓いしたそうです。しかも女将さんは入院していたとか・・・・。
どんな怨念があるのか・・・。
その近くに慰霊碑があります。交通事故か何かの慰霊碑なのですが・・・。






・・・・

少しは寒くなりましたか?って、下手な文章で恥ずかしい限りですが、また他の話も掲載したいと思います。
明日からは、甲府の旅行記事をUPします。
ではでは(^^)


黒い影 と 白い女 【前編】 [恐怖体験]

川越観光も無事UP出来ましたので、ここで旅行&自社仏閣ネタではない残暑厳しいこの時期に涼しくなれれば幸いな記事を今日と明日UPします。

久々の恐怖体験を(^^)


もう20年以上も昔の話です。

私がまだ高校生だった時に起きた恐怖体験です。中学校3年生になるまでこのような体験は全くありませんでした。
ある日、自分のベッドの上で金縛りにあって以来、聞こえないはずの音が聞こえたり、見えないはずのものが見えたり・・・。ちょくちょく続くようになりました。そんな学生時代に体験した中で、結構記憶に残っている恐怖体験です。決して嘘ではありません。

私がちょうど高校3年生の頃の話です。
私は友人に勉強を教えに友人宅へお邪魔になっていました。夕食も頂き、その帰りの事でした。
私の家は、宮崎県の県の北部に位置する小さな町で、学校に通う為に国道を10kmほど自転車で通学していたのです。その日も部活が終わり、その後に友人宅へ伺ったので、帰りは9時半くらいでした。友人宅から私の家までは自転車で11km程。
三度の峠を越えて辿り着く結構険しい通学路なのですが、まぁ、毎日通っていると然程苦でもなくなるのが自分でも不思議なくらいでした。

金程の柿木.jpg

しかし、この日だけはいつもとは何かが違う空気を感じていたのを覚えています。

国道を走りひとつ目の峠を越えて下った所に田舎では良く見かける戸建てのラブホ街が出てきます。
10戸くらいを所有するラブホが5軒ほどあるのですが、おかしな事にその日は一軒も営業していませんでした。いつもなら自転車のライトを点けなくても大丈夫なくらい明るいのに、その日は真っ暗でした。
しかも国道なのに車やトラックが一台も通過しません。“これはヤバいな”と即座に察知したのです。
自転車のライトは今のように自動ではないので直ぐに前足で点けました。

ライトを点けるとタイヤとの摩擦で心なしか自転車が重くなりました。
違和感を感じたままの私は二つ目の峠を一気に登ろうかとペダルに力を入れようと思って踏ん張ろうとした瞬間、あいつはやって来ました。
今と違い昔は自転車の後方に荷台が後ろに付いているのがステータスというかお洒落と言うか妙なこだわりで、結構な割合で付いていたのです。
何かが、その荷台に手を掛けて自転車を押し始めたのです。

「ありがとう」 !! そんな事言えるわけもない。

私は全身に鳥肌が立ちました。“これはヤバいぞ”とは思ったものの、まだ18歳の青二才の私には振り帰る余裕などはなく、兎に角必死に自転車をこぐ事にしました。
しかし“後100mもすれば年中無休のお食事処がある”そこまでの我慢だという妙な安心感があったのです。
そう思えると、急に活力も沸いてきて足に力が沸いてきました。“よしあそこの食事処まで行ったら、こいつを見てやる”という無謀な強さまで沸いて来ていました。

自転車を必死に飛ばしている最中も誰かが自転車を押してくれているあの感覚じで妙にテンポ良くこげました。って、馴染んでいる場合でないと思ったのは次の瞬間でした。

後ろの何者かが僕の自転車の荷台に飛び乗って来たのです。

あの自転車を二人乗りした時に感じる後ろの存在感を首筋にビリビリと感じました。真夏の今頃なんでTシャツ一枚の僕には痛いほどにその存在が突き刺さって来ました。
その時です、僕の剥き出しの首筋に何かが這いました。
多分、髪の毛だったと思います。
長い髪の毛らしきものが、僕の首元を摩る様に這ったのです。
今にも心臓が破裂するのではないかというくらいにバクンバクンと音を立て始めました。
ハンドルを握る手は諤々と震え始めペダルをこぐ足も覚束ない感じでした。

その時、目の前がようやく明るくなって来ました。やっと峠にあるお食事処が見えて来たのです!
私は残った体力で自転車をこぎました。必死に必死にこぎました。そして自分の身体も含め自転車もはっきり見えて来た瞬間、私に無謀な勇気が湧いて来ました。
“後ろの何者かを見てやろう!!”

金環日食.jpg

ヨシ、今だ!と思った私は首を時計回りに捻りました。
すると、その瞬間その後ろの黒い何かが反対方向の崖の下へと飛び降りたのです。それと同時に今まで後ろにあった存在がなくなりました。
突然私は、私の中で起きた衝動で叫んだ気がします。
「よし、こ先にあるガードレールの切れるあの場所で反対車線へ逃げよう」と思い、一気に自転車を走らせました。
その時です。
飛び降りた何者かが崖下の藪に生い茂っている竹薮の中を私と同じスピードで走ってきているようなのです。
10m近くある崖下から伸びている竹が私の目線でガサガサがと揺れ動くのです。
もう怖くて怖くて心臓が止まりそうでした。
やっとの思いでガードレールの途切れたカーブへと差し掛かりました。
案の定、珍しいくらいに車通りのない国道を横切り、私は反対車線の向こう側に設置してある歩道に滑り込みました。
10mほど自転車を飛ばすと古くから営業している寂れたうどん屋が出て来ました。
うどん屋の駐車場に付き私は自転車を急停車させたのです。
そして自棄になった私は振り返りました。・・・・が、何も居ませんでした。

とその瞬間

「そっちじゃないよ」と耳元で女性の声が

「※△□*+{?OJI#&%$&)」

何を叫んだのかは覚えていませんが、大きな声で絶叫したのだけは覚えています。
自転車ごと声の聞こえた気のする反対側へぶっ倒れました。

しかし、それを最後にその得体の知れない何かが付いてくる事はありませんでした。
恐怖体験、わずか5分くらいの出来事です。



そして、あの大事故へと連鎖していくのです・・・・


明日、驚愕の後編


恐怖体験 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。